ラテラル・シンキング

Written by KFS on . Posted in ラテラル・ラテラル

ラテラルシンキングとロジカルシンキング

多角的な視点から、
問題を新しい枠組みで捉える
水平志向のラテラルシンキング。
ロジカルとラテラルを組み合わせると、もっと、ビジネスは楽しくなる

≒水平思考
≒イノベーション・シンキング
≒クリエイティブ・シンキング
≒右脳型

 


ラテラル・シンキングとは?

横道に逸れることって案外、ダイジ

ラテラル・シンキングとは、問題解決にあたって、

「思考の幅を広げて、課題を新たな別の視点で捉えなおすことで、新しい発想を得ようとするための考え方」です。

筋道を立てて論理的に回答を導き出す」=垂直方向(垂直:vertical)にロジックを掘り下げていくロジカル・シンキングに対して、

発想を横に広げていくこと(水平:lateral)で解を求めていく方法のため、ラテラル・シンキングは、「水平思考」とも呼ばれています。

ラテラル・シンキングは、創造的思考に関する世界的権威エドワード・デ・ボノ博士(Edward de Bono)が、著書「NEW THINKING」で提唱。
昨今では、マーケティング業界の巨人、フィリップコトラーも、著書、「 Lateral Marketing: New Techniques for Finding Breakthrough Ideas 」の中で、マーケティングにおいて従来のロジカル・シンキングに加えて、ラテラル・シンキングを組み込むべきだと強く主張しています。

KFSのマーケティングリサーチビジネスにおいても、この考え方は、基本。

思考・ロジックを深めていくロジカルシンキングに対して、思考に広がりを持たせるラテラルシンキングを取り入れることで、より一層、皆様にKFS(成功の鍵)がご提供できるのではないかと考えています。

 

ロジカル・シンキングがビジネスの正攻法だとしたら、ラテラル・シンキングは、ちょっと横道にそれる感じ。

旅行に行くときに、何か、面白い発見を求めて、大通りを外れてぶらぶらと横道にそれたり、裏通りを歩いてみたりするワクワク感に似ています。

 

ラテラル・シンキングの思考法でダイジになってくるのは、

  •  前提を疑う
  •  思考を、“横”にずらしてみる
  •  無関係に見えるものを結ぶ(文脈づけされた偶然の発見「serendipity」)

など、など。

ようは、何かに気づいたり、考えたりする際に、

“もっと他の角度からの視点”が大事!ってこと。

考える際の“ふり幅”をどれだけ広げることができるかを大切にしよう、ということではないでしょうか?

 

ロジカルは大事ですが、それだけではちょっと窮屈。

ビジネスにおける「未来の正解」は、今はだれも知らないし、正解に行き着く方法も、1つだけではないはずだから。

仕事とは全く関係のなさそうなことや、役に立たなさそうなことが、アイディアの刺激材料になることって、とっても多い気がします。

もっとビジネスに“わくわく”が欲しくなったら、ラテラルシンキングの出番。

 

なら、このコラムも、雑学、居酒屋トークOK、横道に逸れても良いかも・・?

ビジネスにちょっと役立つかもしれない、横道に逸れた雑文あれこれを、書きたいと思います。

 

*参考;Lateral Marketing New Techniques for Finding Breakthrough Ideas

フィリップ・コトラー 著

関連情報

→KFSのリサーチにおけるラテラルシンキングの取り入れ方についてはこちら


Tags: , , , ,

KFS

マーケティングリサーチ・調査ソリューションの専門会社、株式会社KFS(ケイ・エフ・エス)。 創造性は顧客を深く知ることから始まる。 インサイト理解のためのインタビュー調査、定量調査と定性調査を組み合わせた統合型ハイブリット調査まで。コンセプト創出~受容度検証、価値創造ソリューション