文章完成法

別称:メタファー投影法、文章投影法

 

欲しい情報を引き出すためには、テクニックが必要です。
聴きたいことをただ聴くだけでは、ホンネに迫ることは難しい。
「喩えるとこんな感じ」「簡単に言うとこんな感じ」。
メタファーを使って効果的にインサイトに迫る定性調査のテクニック

文章完成法とは?:インタビュー調査、WEB定性調査で活用する定性調査テクニック

  • ○○をするって、こんな感じ、○○の商品って、こんな感じ。○○を使うって、こんな感じ
  • 喩えを使って対象者のホンネを引き出す上で、ビジュアル(写真)を使うのが「ビジュアル刺激法」なのに対して、イメージを膨らます「言葉・表現」から探っていく方法
  • 回答者が「本人自身も気づいている意識、内容」だけを回答するのを避けるため、○○の気分、○○のイメージなど、直接的な表現ではなく、喩えを使っての間接表現、イメージの言葉を収集することで、対象者のホンネを引き出す

KFSの文章完成法の特長

  • 定性調査手法としてデプスインタビューやグループインタビューなどの対面型リアルリサーチだけでなく、WEBを利用したインターネットリサーチ(定性WEB調査)でも利用可能
  • 文章監視法は、質問の作り方に加えて、有用な回答を引き出すプロのテクニックが大切です。KFSでは、必要な知識と経験を積んだリサーチコンサルタントが実査に対応
  • 一見、脈絡のない情報から、何をインサイトとして読み取るか、顧客のホンネに踏み込んだレポート内容+ワークショップ開催サポート(オプション)
  • 文章完成法にて発見したインサイトを、検証するための定量的な検証プログラムを保有
  • プロジェクト全体像を踏まえた文章完成法の活かし方&定量調査との組み合わせによるインサイト検証までをも含めた、プロジェクト目的遂行型の調査企画&調査設計をご提案
  • 写真投影法など、複数のインサイト探索手法と組み合わせることが可能

調査方法

1on1デプスインタビュー

  • 1人あたり 60分程度 (通常8~12名)
  • 1対1のマンツーマンで、テーマに沿って言葉を選んでもらい、その際の気分や感情について、具体的に語ってもらう。

グループインタビュー

  • グループ 60分程度
  • 上記、1on1デプスインタビュー3~4名の対象者に、座談会形式で実施

ネットリサーチ(オンライン文章完成法/WEB定性調査)

  • ネットリサーチで、文章完成法を利用したテキストデータを集める方式。
  • テキストデータ主体の文章完成法をメインとした調査の場合は、100名程度の少数サンプルサイズからも対応
    (調査目的によって、サンプルサイズ設定と質問紙の作り方が異なります。ご相談ください。)
  • 行動実態把握のためのアンケート(大量サンプルサイズ、行動実態など、実態を知ることを目的とした定量調査)の質問に組み合わせ、定量のメリットを活かしたアウトプットを出す場合も。

このような時に

商品&ブランドポジショニング探索

自社の属する商品カテゴリーや、自社の商品・サービスについて、生活者がどのようなイメージを持っているのか、目に見えない自社の強み・弱みやブランド価値を明確化し、ブランドポジショニングを明確化したい。
~ブランドスイッチをしない人、ブランドに対する心理的な価値

ユーザーの潜在ニーズ探索

新商品・新サービスのコンセプトを開発するにあたって、生活者自身さえも気づいていないニーズや、生活者が商品・サービスを利用することによって実現したい価値を探りたい。

購入理由&非購入理由の潜在的な要因探索/非購入者の非購入理由探索

自社の製品と競合他社の商品・サービスについて、それぞれが選ばれる理由、選ばれない理由、満足or不満なことについて、生活者の潜在意識を探り、本質的な問題点を明確化したい。
~例:コンビニエンスストアでお弁当を買わない理由は、「味」「外観」「価格」の問題ではなく、「一人でコンビニエンスストアのお弁当を広げている自分」がさびしい、「手抜きをしていると思われたくない」から。

商品やサービスのコンセプトチェック&CMテスト

商品やサービスのコンセプトや、試作品、テレビコマーシャルの試案など、ユーザー自身が見たり、試したり、体感できるものを提示して、良いと思う理由、悪いと思う理由について、比喩的表現で語ってもらう。
~この商品を試すと、どのような気分になる、このサービスの体験は、○○の時のイメージと似ている、etc.

調査費用

※調査内容・利用する調査手法によって、費用概算が異なります。

詳しくは、お問い合わせください。

→お見積り、お問い合わせ先はこちら

関連情報


前へ≪ 2  3 4 5 6 7 8 9 ≫次へ