C【第2回】オレンジ

Written by KFS on . Posted in 色とリサーチ&マーケティング

 

いけばな by 詠琇 (Eishyu 草月流師範)

 


個人的には、一番大好きな色、それがオレンジです。

活けたのは、オレンジのチューリップに、黄色のスイートピー、クロモジです。

*クロモジ(緑の枝)って、どこかで聞いたことはありませんか?
そう、楊枝のことです。和食屋さんで、最後の水菓子や和菓子を頂く時に添えられているあの楊枝です。
本来、この枝を削って、楊枝として使用していたため、楊枝のことも「クロモジ」と言うそうです。

—-話を戻して。

オレンジも、黄色と同様にコミュニケーションカラーの一種で、「外向性」を示す色。
ただし、黄色がリーダーとして周りに“人を集める色”であるのに対して、
オレンジは、 “人が集まる色”“自分から話しかけていく色”。

「太陽の降り注ぐ色」と喩えられるように、オレンジを好む人は、誰に対しても分け隔てなく接する暖かさ、人見知りの無さがあります。

悪く言えば、はしゃぎ屋、おしゃべり、お人よしなどの面もあるのですが、いつのまにか会話の中心にいて、皆と仲良く話している・・・。そんな人が多いのではないでしょうか?

加えて、オレンジは、豊穣を示す色であり、豊かさや人生を楽しむことを象徴する色でもあります。
欲深さも含めて、人生をPOSITIVEに楽しむことに旺盛といったイメージ。

エルメスのエルメスオレンジ色を思い浮かべていただければ、納得されるでしょうか?

レストランなどで、オレンジの壁紙を使うのも、料理がおいしく、暖かな雰囲気で食事が出来る配慮のため。
私も自宅のキッチンには、出来るだけオレンジの小物を置いています。

一家に一つはオレンジ色を。家庭円満の秘訣かもしれません。


<オレンジが持つ色の意味・マーケティングキーワード>

POSITIVE

  • 社交性、積極性、コミュニケーション、暖かさ、家族団らん、喜び、ごちそう、勇気、行動、成功

NEGATIVE

  • 浅はか、気まぐれ、お調子者、浅い関係、奢侈、豪華、物欲、自己主張、目立ちたがり

Tags: , , ,

KFS

マーケティングリサーチ・調査ソリューションの専門会社、株式会社KFS(ケイ・エフ・エス)。 創造性は顧客を深く知ることから始まる。 インサイト理解のためのインタビュー調査、定量調査と定性調査を組み合わせた統合型ハイブリット調査まで。コンセプト創出~受容度検証、価値創造ソリューション