KFSの調査ソリューション

  • 新鮮な切り口で、鮮度ある情報を

    【発想の原点】

    生活者理解&実態把握
    -コンセプト企画&開発に向けて-

    解決すべき問題を知ることから全ては始まる。
    新鮮な切り口で、鮮度ある情報を。

    Read more

  • 裏付けのある情報の視覚化・物語手法

    【裏付けのある情報の視覚化・物語手法】

    ペルソナ

    「たった一人のため」に
    問題題解決を考えることが、
    「多くの人の問題解決」を考えることに繋がる。

    Read more

  • 見てる方向は正しいか?

    【減らせるリスクは減らした方が良い】

    顧客受容度調査

    初めから、改善の余地がないほど、
    良いアイディアなどないことを知っている方に。
    見てる方向は正しいか?
    Look&Feelは正しいか?

  • ワークショップ

    【イノベーションを加速させる】

    ワークショップ

    人を繋げる。知恵を繋げる。
    没頭を通じて、
    イノベーションプロセスを加速するための活動をサポート。

    Read more

  • Marketingコンセプト開発
  • ペルソナ ペルソナ
  • コンセプトチェック 投入前テスト
  • ワークショップ ワークショップ
  • CS調査 改善点発見

“結果論”ではなく、開発時から顧客満足度の高い売れる商品作りを目指す

顧客の顔を理解する。顧客の行動を理解する。その行動の背景にある動機と感情の ホンネの部分を理解する。

解決すべき問題を知ることから全ては始まる。
新鮮な切り口で、鮮度ある情報を。

顧客の”期待”を上回るための、ファーストステップはここから。

コンセプト企画&開発TOPへ


あなたの商品・サービスの「ブランドパワーの源泉」を知る。
消費者から見たブランドの”人格(ブランド・パーソナリティ)”を知る。それは、「こう見て欲しい姿」とマッチしているか?

ブランド拡張、再構築、リポジショニング。全ては、自社のブランドパワーを生活者視点から知ることから。
客観的な事実を探る定量ブランド調査はもとより、定性アプローチ主体のブランド・パワー調査まで。

お問合せください


あなたが相手にするのは「人間」だ。
ヒトの創造力を触発するのは、いきいきと描かれた顔の見える一人の主人公のいきいきとした生活ストーリー。

顧客の姿を目に見える形で描き出す。

ペルソナTOPへ


早く失敗して、早く直す。

見てる方向は正しいか? Look&Feelが正しいか?机の上で考えるより、直接ユーザーに聞いてみる。

目の前に提示することで、わかることは多い。

事前にベストを尽くす。

    調査手法一覧へ


浸りきる、濃密な時間を作る。

相乗効果がイノベーションを生み出す。

「消費者心理の深層」を理解しても、それを達成するアイディアを生み出すためには、想像力が必要だ。

没頭を通じて、イノベーションプロセスを加速するための活動をサポート

ワークショップTOPへ


CSというアイディアが、古かろうが、新しかろうが、顧客満足を獲得することはマーケティングの原点だ。

さらに詳しく・KFSの顧客満足度調査専門サイトへ