コンセプト企画&開発のための調査とは?

こんなときに、こんな調査を、こんな手法で。

コンセプト企画&開発のための調査とは、新商品や新サービスを開発する際に、マーケティングの基本アプローチとして、生活者のライフスタイルや、商品&サービスが生活者の生活シーンで、どのような文脈の中で、利用されているか、生活者理解&実態把握のために行う調査です。

ターゲットとする生活者を深く理解することで、“解決すべき課題”を知ることを目的としています。


このような時に(ご利用シーン)
  • 市場創造のためのヒントを顧客視点から得たい
    • 新規市場創造
    • 潜在市場開拓
    • 既存サービスリニューアル
  • アイディア発想&新機軸の発見
  • マーケット理解&洞察・生活者理解
  • ブランド・商品価値探索

 アプローチ方法と調査メニュー例
お客様って言うけれど・・・
  • 実際に購入している人ってどんな人?
→購入者調査
  • 何で、その商品・サービスを選ぶの?
→購買行動調査
  • ホントはどう使っているの?
→利用実態調査
  • 今度のターゲットは●●って、決めたけれど、具体的に、どんな特徴があるのかな?
→ライフスタイル調査
→感性・価値観調査
  • そもそも、どんなタイプのお客様に市場は分けられるんだろう?
→セグメンテーション調査

◆うちの商品&サービスのユーザーからみた価値って結局何?
  • 他社と比べてうちはどう?
→他社比較調査
(ベンチマーク調査)
  • 結局、何がお客様に気に入られているんだろう?
→ロイヤリティ形成要因探索調査
  • 最近は、他業界との競合が厳しくって・・・・・。
    この商品やサービスにお客様が求める価値って一体なんだろう?
→商品・サービスの使い分け実態把握調査
(顧客提供価値から見た新業際区分&競合分析)

◆アイディアに繋がるネタはないかな? ニーズ探索の方法って?
  • 購入しない、サービスを利用しない人って、どんな人?なぜ?
→非購入者調査、未利用者調査
  • お客様の共感を呼ぶためには、どのようなポイント(使用シーン)が鍵になる?
→ライフログ調査
  • よく利用しているお客様の意見が参考になるかも・・。
→コアユーザー調査
  • 売る人の意見が参考になるかも・・・。
→バイヤー調査、販売員調査
  • 満足度視点から考えたい
→顧客満足度調査
  • お客様自身が気づいていない不自由なポイントってなんだろう?
→観察調査

主な調査手法

◆インターネットリサーチ

KFSのインターネットリサーチ会員パネルに対して、Webを使って行うアンケート。定量調査手法として、全体を把握&俯瞰したり、仮説検証型の調査に適す。

◆インタビュー

  • グループインタビュー (1対複数)
    性別・年齢や、商品に求める価値の志向性、利用シーンなどでセグメント化された、一定の共通性を持ったグループ(複数)を対象に司会者が話を聞く方式(座談会方式)
  • デプスインタビュー (個別インタビュー:1対1)
    インタビュアーと対象者が、1対1で向き合うことで、その回答(発言)から対象者の深層心理を捉えるための調査手法
  • 訪問インタビュー
    生活者の生活現場に直接インタビュアーが出向き、対象者やその家族に話を聞く調査手法

◆インサイトアプローチ

  • 写真観察法
    生活者の生活シーンをビジュアル(写真)で把握。利用実態等をビジュアルで把握することにより、商品・サービスがどのような組み合わせで利用されているかをはじめ、ユーザー自身も気づいていない潜在的な不満などを抽出。
  • 日記調査法
    対象者に、一定期間にわたり、日記形式で、商品・サービスの購買記録や、利用記録、利用シーンなどテーマに沿って、何を行って、どのように感じたかを、規定のフォーマットに記録してもらう。商品&サービスが、生活シーンにおいてどのような文脈の中で、どのような気分を求めて利用されているかを把握する手法。
  • 行動観察法
    商品の利用方法や、売り場での行動など、実際に生活者の行動を“見る”“観察する”ことにより、無意識行動の背景に潜む、インサイトおよび、本人が気づいていない行動の背景にある深層心理を探りだす方法。
    商品・サービスによっては、一定期間、ユーザー自身に使用状況をビデオ撮影してもらう、「セルフビデオレコーディング」で代用する場合もある。
  • 写真投影法(ビジュアル刺激法)
    商品・サービスについて、直接的な表現ではなく、”写真”などのビジュアル表現での喩え=メタファーを使うことで、商品・サービスおよび、そのカテゴリーを利用するにあたって、叶えたいニーズや、価値観を探る手法
  • 文章完成法
    写真投影法が、メタファーとしてビジュアル表現を使うのに対して、言葉(文章)を喩えとして使用する調査手法。言葉の奥に込められた意味を発見・抽出
  • オンライン口コミ分析
    ユーザーに直接尋ねるのではなく、SNSや、ブログなどでユーザー自身の言葉で、自発的に語られている情報をテキストマイニングの手法を活用して分析していく手法

*KFSの調査手法について詳しくはこちら→



前へ≪|  1  | 2 | 3 |≫調査ソリューションTOPに戻る